缶バッチ

缶バッチ制作の著作権について

スマイリー

オリジナル缶バッチを制作しようと思った時に、まず気になるのは著作権に関してです。一から自分で考え、デザインしたイラスト等であれば何の問題もありませんが、同人グッズとしてもよく用いられている缶バッチですから当然、既存のイラストを使用したい場合もあるでしょう。
これは結論から言いますと、他人の描いたものを無断で缶バッチにするのは著作権侵害に当たります。ですからそうならないためには著作権を持っている人に承諾を得る必要があります。万が一、許可を取らずに他人のデザインを勝手に使用した場合、著作権侵害で訴えられる恐れも出てきます。ただしこのような場合、優良な缶バッチ制作業者側であれば注文を受け付けないことがほとんどです。ですから不安な場合は業者に尋ねてみるのが良いでしょう。
では既存のイラストではなく、二次創作したものだったら良いのでしょうか。これに関してはグレーで、自分で楽しむだけであれば二次創作ものは今のところ多めに見られていると言えます。ですが作った缶バッチを販売するのは違法なので、後々問題になりかねません。ただしこれも多くは見逃されているというのが現状です。
ですが違法であることには変わりありませんので、オリジナル缶バッチを制作する際には著作権についても心にとめておきましょう。

トレンド記事

象

個人でオリジナル缶バッチ制作を楽しもう

企業やイベントなどのノベルティとして人気の缶バッチは、制作業者もまた数多く存在しています。そして各業者によって缶バッチそのものの形やデ…

more
スマイリー

缶バッチ制作の著作権について

オリジナル缶バッチを制作しようと思った時に、まず気になるのは著作権に関してです。一から自分で考え、デザインしたイラスト等であれば何の問…

more
ネコ

缶バッチ制作の業者は総合的に判断する

オシャレな缶バッチの共通点は、シンプルなことです。たくさん柄が入ったごちゃごちゃしたデザインは美しくないので、スッキリとしたデザインを…

more
くま

缶バッチ制作業者を選ぶ二つのポイント

ネットでオリジナル缶バッチ制作と検索すると数多くの企業が出てきて、いざ缶バッチを作る時にどこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。ただ…

more